*プレオープニングイベント 「ウートルニュイ・ブランシュ ピエール・スーラージュへ捧げるオマージュ」

Nuit Blanche Kyoto 2020

Hommage à Soulages par Yukako Matsui © Mina Albespy, 2020

書美術家 松井由香子

2010年より東京で書のアトリエを主宰。フランスの主要な美術館(ヴェルサイユ宮殿、ギメ美術館、トゥールーズ・ロートレック美術館、スーラージュ美術館...)やスイスの美術館(バウアー財団東洋美術館)でオリジナルの書のパフォーマンスを行う。

http://yukakomatsui.com

箏曲家 三好晃子

生田流京都當道会下派に所属。準師範。祖母に三好敦子(生田流箏曲家 生田流京都下派継承者)父に三好芫山(都山流尺八竹淋軒大師範)を持つ環境の中で、幼少の頃より琴・三味線を学ぶ。

歴史家 マチュー・セゲラ

パリ政治学院にて歴史学博士号取得。教員、フランス国立日本研究センター協力研究員。主な執筆作品は、『クレマンソーあるいは日本への誘惑』(2014)、『Pierre Soulages. D'une rive à l'autre』(2019)等。数々の展示会でコミッショナーを務める。

 

Nuit Blanche Kyoto 2020
Nuit Blanche Kyoto 2020
Nuit Blanche Kyoto 2020